暑いのでビール

この程度の気温なら窓を開けて、扇風機を回していればちょうど良い感じです。午前中は。

自宅はめちゃくちゃ日当たりが良いので、午後になると「これはちょっとしんどいかな?」という室温になってしまいます。

冬は窓際のベッドがぬくぬくしてありがたいのです。暖房費が浮きます。

問題はこれから夏にかけてです。

朝日が差し込むのでカーテン越しでも強制的に日光があたり目が冷めます。そして8時過ぎには我慢できないほどの室温になります。
モーニングルーティンはカーテンを閉めてエアコンのお世話になります。

日中は「エアコン効いているの?」という暑さになりますので、自主的に自宅から避難します。

つまり、自宅での作業を諦めて職場のエアコンの恩恵に預かります。昼間の電気代を節約して、夜〜朝の電気代のために働きます。

その間にも自宅の室温は上がり続けるので、帰宅時間の2時間くらい前にタイマーで始動するよう設定しておきます。すると、職場〜自宅までの小一時間で汗だくになっていても、自宅までたどり着くことができれば天国です。

シャワーを浴び、ビールを開け、爽やかな夏の夜を楽し無事ができるのです。

そんな生活を十数年。

例年以上に酷暑となるらしい今年も、そろそろ夏に向けて暑さ対策を真面目に考えろとニュース番組が煽ってきます。

うちの比較的年季の入ったエアコン(賃貸付帯)が24時間稼働に耐えられるか。

頑張って欲しいところです。

 

それにしても、昼から飲むビールは美味しいです。

 

 

ゴールデンウィークが終わってしまう。

本日までは明確に仕事をしなくて良いと決まっていたのですが、明日と明後日の2日間どうしようか?

2日働いたらまた土日の2日休みになる。

これが通常なら「土日は有給を使って連休延長します」と言ってしまえば良いのだが、コロナ騒動のドタバタで有給申請しそこねてしまいました。

職場は政府の要請に従って5月末まで出勤自粛リモート推奨、状況を見て徐々に出勤解除という方針らしい。

雌伏の時期に動き出したプロジェクトもあり、GWの中日の平日にはちょこちょこ仕事があったりした(リモートで)

職場に行けば何かしらのタスクはあるだろうが、自宅で口を開けて仕事支持を待っていることも不可能ではないっぽい。

こんなところで自主性を問われることになろうとは……

というか、そろそろ出社を名目にしてでも外に出たくもある。

自宅にいる間にやりたかったことは1/3も達成できずに終わっている。

これまでの通常勤務期間では「時間がないから、今やらなくちゃ!」っていう切迫した緊張感が創作の集中力に幾分かの拍車をかけてくれていたのだろうと思う。

ひたすら泥酔し、テレビとPCに向かっていた毎日。

最終日の天候はよろしくない。

幸いにして雨の檻に閉じ込められる本日、休肝日としておとなしくしているのも良いかもしれない。

 

 

 

 

あなたが見る未来のなかに、僕はいるのだろうか?

祝日だったので、AmazonPrimeで見逃していた作品を見ていました。

 

 エンドシーンは映画でっていうの、あまり好きではないのですが。見てないなら見てないで気になるじゃないですか。

やはり1のインパクトが一番好きです。

現状、飛行機や船舶の稼働が殆どなくなって、電車や車で他府県に移動することも制限されているので「洒落にならん世界観だなー」って思いながら見ていました。

アクションとか銃撃戦のシーン、ダンゴムシやドローンなどのガジェットの使い方は、違和感なくスムーズに入ってくる感じ。

シビュラシステムはそろそろ実用化しても良いんじゃないでしょうか。水面下で進んでいるのでしょうか。

この世界観では私は『免罪体質』になると思います。

 

 

 去年見た作品の中で、最も興味深く、最も胸糞悪かったもの。

テレビで放送されたのは8までだったのかな?最終回までの間に1〜7をもう一種促すという、よくわかっていない人には「もう一回復習しておけよ!」なのか、製作コスト削減なのかわからない親切仕様でした。

7話の「最悪」がまさに「最悪」だったので、年末の8話で若干肩透かし食らった感じがありましたが、最期まで見て「あーやっぱり最悪」となりました(褒める意味で

これは原作を読んで、自分のリズムで理解したほうが良いかなーと思ってます。

 

バビロン1 ―女― (講談社タイガ)

バビロン1 ―女― (講談社タイガ)

 

 

お仕事はカレンダー通りなので、働きます。

左手首にココペリ

若い頃はっていうと、めちゃくちゃ年寄りみたいですが。

ちょうどシルバーアクセサリーが流行った時期にやんちゃ時代を過ごしたので、ご多分に漏れずネイティブアメリカンジュエリーにハマっていました。

関西に居た頃、お仕事大好き、帰宅時間が深夜(と言っても22時くらい。9時から働いていたので残業3時間位か)に気分転換に繁華街の裏道を散歩していたのですが、その折によく覗いていたお店がありました。

店舗名は残念ながら覚えていないのですが、現地で買い付けられたいろいろな部族のアクセサリーが並んでいました。

私はターコイズブルーが好きだったので、最初に買ったのは四角いターコイズのペンダント。

その後、ホピ族の模様の意味に興味を持ってちょこちょこっと調べてみたりして。

シルバーアクセサリーは銀そのものが魔除けだったり、神様を刻印してあるので『お守り』だったりするのですよね。

だからこそ『相性』みたいなものがあるようで、「これいいな〜」と思っても次の給料が入ってくるのを待っているうちにどなたかの手に渡ってしまったり、「すごく良いな」と思ってもなにかもう一つお財布が開かなかったりと。

そんなことを考えているうちに、私にも出会いがありました。

ココペリと雷の模様を彫り込んだバングル。

シルバーの地に彫り込みは黒く染めてあって、幅は1.6cmほどあって、女性の手首には少しゴツめのデザインです。

当時の私にとっては即決で「買う」とは言えない金額でしたが、運の良いことに経費払い戻しの小金が財布に入っていました。

「これ、いただきます」

なんとなく「このバングルは私のものだ」という意味もない確信で、払い戻し経費はシルバーのバングルになって、私の左腕に収まることになりました。

その後、仕事もプライベートも忙しくも楽しい日常をココペリと過ごし、死なない程度に幸運にそれなりの大人()になりました。

自分のファッションセンスも変わり、バングルを日常的にすることはなくなったのですが、この自宅お籠り期間で発掘。

真っ黒に変色していたのを、アルミホイルとお塩の酸化還元できれいに戻し、もう少し磨けば元のシルバーに戻るところまで復活させることができたようです。(自粛期間が開けたら銀磨きの道具を買いに行きたい)

ここ数日、私の左腕には豊穣の神様ココペリが踊っています。

 

 

プラネタリウムの外側 (ハヤカワ文庫JA)

プラネタリウムの外側 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者:早瀬 耕
  • 発売日: 2018/03/20
  • メディア: 文庫
 

 こちらも、本棚の整理で発掘した一冊。

もともと付箋だらけだった本に、再読で新しい付箋が増えてハリネズミのようになっています。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー を見ました

書かずにいられないので、思い出しメモ。

もう公開からだいぶん経っているのでネタバレとか気にしない。

starwars.disney.co.jp

Ep4の始まる10分前につながるストーリーで、あのOPにダラダラ流れてくる前フリに出てくる『反乱軍のスパイ』たちの物語でした。

主人公・ジンはデス・スター設計者の娘。パパは娘を護るために、帝国軍の建築現場(違)へ戻りバックドアを仕掛ける。
父と娘の共通のキーワードになった「スターダスト」って、ねぇ。*1大好きな娘に「君は僕のお星様だよ」っていうパパはいても「星屑だよ」っていうのはどうかねぇと思っていたのですが、深読みしたら深読みできるよね。
自分たち父娘の最期を予期していたのでしょうか。

キャシアンとK-2SOのコンビは、ハン・ソロとチューバッカっぽい掛け合いを思い出しました。ワイルドな男に、頼りになる大型人外の相棒。
K-2の機転とかウィットの聞いた会話が、ストーリーの要所要所で効いていてとても愛らしい。
アシスタントに徹したC3POR2-D2とは異なって、ローグワンの重要『人物』と言って良いんじゃないでしょうか。

帝国軍から寝返りパイロットのボーディーさん。いい感じの自由人ぽくて、パパからメッセージを持ってくるきっかけの人。今回の触手襲われ担当。

ジェダイを信じる僧侶(?)チアムート&信じない傭兵ベイズは、もうこの二人だけでスピンオフ1作作って欲しいくらいかっこよかった。
SWはライトセーバー戦で剣術っぽい描写多いですが、ドニー・イェンの昆がすごく決まっててかっこよかった。(語彙力ない)

 

ローグワンはステージの描写も印象的でした。

ジンが生まれ育った畑(?)のある荒野の惑星。Ep7でレイが最期に訪れたシーンとかぶるような。(あれは海の近くの断崖絶壁だったけど)
イメージがつながっている気がしたの私だけですか?

惑星ジェドは砂と岩の惑星。
SWといえば砂の荒野ですよ。エアーズロックみたいな巨岩ベースの頂上に中東風の街。そこに帝国のストームトルーパーがミックスされるのが銀河おとぎ話の醍醐味。
最初にデス・スターの標的として砲撃されたときの衝撃派怖い!ここでいい感じに仲間回収。

雨の惑星(名前わからん)
ずっと降り続く雨と断崖絶壁。ジンちゃん渾身のはしご登り。
砂と雨の対比が「いろんな惑星があるんだなー」という印象に。雨と岩っていうの今までのSWでありましたっけ??と思ったら、ep2で、オビワンがストームトルーパー工場見学に行った星は、未来的な建物と海だったけど窓の外は嵐でした。

溶岩の惑星
ダースベーダー様参戦。悪の城って感じがしました。シスの赤いフォース。

惑星スカリフ・トロピカルアイランド
かと思いきや、殲滅戦ですよ。まじで戦争ですよ、ガンガン人が死にます。
泥臭い地上戦と、設計図を盗み出しに行く潜入戦。南国っぽい林の中での戦闘はイウォークの森を思い出しました。
ローグワンとして集まったメンツが一人ひとりいい感じにやられていくのは辛かった。情報を届けるために銃撃の中フォースを信じて進み出たチアムート&ベイスの連携、回線つなげたボーディーの最期。思わずハンカチぎゅーってしましたよ。

潜入組はK-2が人間臭いいい仕事してました。ジンに預けられた銃の流れとかさすが。
情報を盗み出すのがHDDで、HDDを奪い出して(物理)タワー登りながら(腕力)戦闘っていうのもSWのお約束。でも今回はジェダイじゃないから、基本銃撃戦。
ジェダイの後ろ側で人知れず活躍していたモブの物語のひとつ』っていうのが、よくわかります。

泥臭い地上戦の頭上で、泥臭い宇宙戦闘機戦も熱かった。
ゲートを開くために、デストロイヤーに体当りして(物理)、亜空間エンジンでデストロイヤーごとゲートに落として質量でブチ開ける(物理)。
通信回復データ送信(プログレスバーが懐かし目)、データカードにしたところで赤いライトセーバー登場した時の絶望感といったら……。
迫りくるダースベーダーを振り切って、データカードのリレーは怖いを通り越して切なかったです。降伏しかないと言っていた反乱軍が、自分たちの希望を信じて命をつないでいったのがもう切ない。
今回出てきた反乱軍の人、99%死んでますよね。
最期にデス・スターの砲撃を受けた後の津波で、データタワーは倒壊しているし、あの辺りで戦っていた戦闘員達は敵も味方も押し流されてしまっただろうし。

コレがあの長いEp4の始まりになった『反乱軍のスパイ』の裏にあった物語なのかと思うと、4〜6が改めて重く感じられました。

SWは映画にされていないスピンオフが沢山あって、それを読むとまた本編が面白くなるという。ほぼ神話みたいなところがさすがだなーって、新作を見るたびに前作見直すループを繰り返している次第です。

 

個人的に、一番好きなスピンオフはEp1の前日譚「ジェダイ・アプレンティス」です。
ちっちゃいオビワンがかわいい。*2

*1:更にスピンオフの作品で由来が語られているらしいです…

*2:10年前から言い続けています

ブルエンとアニメ主題歌

もういい加減放置してて申し訳なかった。

職業的に音楽と関わりだして1年半過ぎました。

アニメと音楽に関わりだして3年とちょっと過ぎました。いわゆるアニクラってやつです。

洋楽派だったつもりですが、いわゆるロキノン系J-rockに目を向けています。

ミーハーです。


BLUE ENCOUNT 『もっと光を』

ブルエン初心者ですと、言っていいものか。

彼らを知ったのは「もっと光を」からですが、銀魂の主題歌になった時「よっしゃ!!やった!!!」と思っったのは確かです。


BLUE ENCOUNT 『DAY✕DAY』<Trailer Video>

彼らの青臭い勢いが銀魂の泥臭いところにすごく合っていると思いました。

私が銀魂FANなのは隠せませんし、かなり重度です。

この曲の歌詞を読んだ時に、志村新八のテーマだと思ってすごく嬉しかったのを覚えています。
実力不足をじかくしながら銀時たちに揉まれて今や最前線で銀時の背中を預かる新八の向上心の象徴でありながら、白夜叉・坂田銀時の走ってきた思いとも重なっているなーと。
二重の意味で上を向いるこの曲を聞くたびに、銀魂が重なって切なくなります。


BLUE ENCOUNT 『Survivor』(『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』オープニングテーマ)

その後『鉄血のオルフェンズ』のOPになった時には、二期の後半のOPはあまり注目されないとういジンクス(わたくし的観点)を打ち破る、作品に沿った熱量の高い楽曲でめっちゃテンション上がりました。

銀魂の上を見てあがく姿勢と、オルフェンズの横並びの仲間たちとあがく姿勢の対比を、すごく興味深く見て、勝手に深読みして泣きそうになっていました。

それで、最初に上げた『もっと光を』に、それぞれの思いを託してしまいます。

去年のVIVA LA ROCKで見た田邊さん(Vo)の叫びと、今年のVIVA LA ROCKで見た彼らの成長をすごく感じました。

 

そして、そこから繋がる『大丈夫』なんですよ。

youtu.be

「かっこいいあなたが、一番かっこいい」

マジで今現在の少年主人公の主張の全て。

これは、どの作品って指定することはなくて、自分の好きな主人公一人一人で光景が浮かんでくる感じ。

超人的な力もなく、普通の人間の水平線にいる男の子たちのいる現状。

涙と鼻水にまみれながら現状を生きている彼らの葛藤を、一緒に体感している気分になるのです。

 

≒(初回生産限定盤)(DVD付)

≒(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

 

Survivor

Survivor